logo

組合員証

医療費の一部を負担することにより受診できる、組合員の"資格証明書"。

組合員証・組合員被扶養者証

 組合員になると、「組合員証」を交付します。また、一定範囲の親族が被扶養者に認定されれば「組合員被扶養者証」を交付します。この組合員証等は、病気・けがなどで保険医療機関に受診する際に、組合員や被扶養者の療養の資格を証明する証書です(健康保険でいう「保険証」にあたります)。大切に保管してください。

 また、記載事項の変更や、組合員証の破損、紛失などの際には、すみやかに共済組合に届け出てください。

高齢受給者証

 70歳以上75歳未満の者(既に後期高齢者医療に該当している者を除く)は、高齢受給者として共済組合から給付を受けることになるので「高齢受給者証」を発行します。発行後、医療機関で診療を受ける際は「組合員証」および「高齢受給者証」を提示してください。

高齢受給者の医療費の自己負担割合について

組合員 組合員の標準報酬月額 負担割合
28万円未満 2割(※)
28万円以上 3割
被扶養者 組合員の年齢 組合員の標準報酬月額 負担割合
70歳未満 2割(※)
70歳以上75歳未満 28万円未満 2割(※)
28万円以上 3割

※ 生年月日が昭和19年4月1日以前の方の負担割合は1割となります。

 なお、給料月額が基準以上の方であっても、年収が一定額(高齢受給者複数世帯:520万円、高齢受給者単身世帯:383万円)未満の方は、2割負担となります。
 該当する場合は「基準収入額適用申請書」を提出してください。

こんなときこんな手続き
組合員証等をなくしたり、破損したとき   出生、死亡、就職、結婚などで被扶養者に異動があったとき
 
組合員証等再交付申請書」を提出
(組合員証等がある場合は添付)
  被扶養者申告書」を提出
※被扶養配偶者(国民年金第3号被保険者)が死亡した場合は「国民年金第3号被保険者死亡届」を提出
 
組合員が名前を変更したとき   退職などで組合員の資格を失ったとき
 
組合員(被扶養者)証記載事項等変更申告書」を提出
(組合員証を添付)
  「組合員異動報告書」を提出
組合員証をすみやかに返納