保健事業

保健事業

 保健事業は、組合員及び被扶養者の健康の保持増進、保健・保養等を目的に行う事業で、事業の種類については、毎年事業計画で定めることになっています。

事   業   名 内             容






人間ドック助成 30歳以上の組合員、35歳以上の任意継続組合員及び被扶養配偶者が、指定医療機関において人間ドックを受診した場合に助成
がん検診・婦人科健診 組合員が所属所の行う健康診断に併せてがん検診等の検査を受けた場合に助成
PET検査 30歳以上の組合員、35歳以上の任意継続組合員及び被扶養配偶者が、指定検査機関においてPET検査を受診した場合に助成
インフルエンザ予防接種一部助成 組合員及び被扶養者が、インフルエンザ予防接種を受けたとき費用の一部を助成
電話健康相談 組合員及び家族を対象に、病気やケガ、育児、メンタル等専門家による健康相談
歯科健康診断 出向型と来院型の歯科健康診断費用の全額を助成
禁煙サポート助成 組合員及び被扶養者が、医療機関において保険適用の禁煙外来を受診した場合に助成
救急薬品等配付 組合員及び任意継続組合員に、選択性により救急薬品等を配付
保健衛生講座関係 ライフプランセミナー 組合員及びその家族を対象にライフプランセミナーの開催
健康セミナー 組合員及びその家族を対象に健康セミナーの開催
健康料理教室 組合員及びその家族を対象に健康料理教室を開催
図書関係 保健関係図書 組合員及び被扶養者が出産した場合に、育児指導雑誌を1年間送付






協定施設及び県内契約宿泊施設利用助成 組合員、任意継続組合員及び被扶養者が、全国の市町村職員・都市職員・指定都市職員共済組合が運営する宿泊施設を利用した場合に助成
県外契約宿泊施設利用助成 組合員、任意継続組合員及び被扶養者が、当共済組合において契約した宿泊施設を利用した場合に助成
レジャー施設 組合員及び家族が指定契約施設を利用する場合に割引
冬季レジャー施設 組合員及び家族が指定契約施設を利用する場合に割引
特定健診
保健指導
特定健康診査 40歳から74歳までの組合員及び被扶養者に対し、内臓脂肪型症候群(メタボリックシンドローム)に着目した健診を実施
特定保健指導 特定健康診査の結果別に、特定保健指導(積極的支援・動機付け支援・情報提供)を実施